まき焚きボイラー

「まき焚き」「油焚き」のハイブリッド仕様も可能です。

特徴

構造の画期的な合理化を計り、極めて高性能になりました。

スリーパスの煙管方式で、燃焼釣合が良く、伝熱面積はこの型では最高です。

燃焼方式の研究成果を最高度に利用し、燃焼室温度を常時高温度に保つべく、特殊耐火練瓦の内巻を施してあります。

重油バーナー焚き、廃油焚き、手焚き代燃および石炭焚きのいづれにも適合するよう設計されています。

湯タンク内面は錆止めのためセメント・ライニング加工を施すこともできます。

まき焚きボイラー納入実績例紹介

「まき焚き」と「油焚き」のハイブリッド仕様が可能です。

炉内・煙導内部

まき焚き専用タイプ

まき/油・ガス焚き兼用タイプ

↑ページのトップへ