ペレットボイラー

今、化石燃料に変わる、新エネルギーが求められています。CO2を増やさないクリーンエネルギー。
森林バイオマスエネルギーは、地球の温暖化を防ぎます。

貯蔵・搬送・自動化が容易

木質ペレット燃料は固形燃料のため、ハンドリングが容易で貯蔵運搬が簡便に出来ます。

タンクへ供給されたペレット燃料は搬送が自動制御されます。

油を一切使用しない全自動運転

点火のための火種はそのまま放置しても12時間程度は残ります(燃料により異なります)。火種維持機能で一定時間毎にペレットを少量燃焼し、長時間の維持が可能です。

自動運転ですので人手がいりません。また、シンプル設計により、煩わしいトラブル等は少なく、安全に自動運転を行うことが出来ます。

高いボイラ効率

固形燃料焚きボイラーのボイラー効率は油焚きボイラーより低いという常識をくつがえし、油焚きと同等以上の高い効率を安定して発揮します。

排ガスがクリーン

煤塵濃度、硫黄酸化物排出量、窒素酸化物濃度も規制値以下ですので、特別な公害防止装置は必要ありません。

高耐久・長寿命

燃焼灰はアルカリ性で燃焼ガス側の缶体腐食はほとんどありません。そのため長寿命です。

灰の有効利用

油バーナー等の点火装置を一切使用しないため、燃焼灰に油分が混じることが無く、燃焼灰は肥料として農地に還元できます。

高い安全性

固形燃料のため、流動拡散による漏えい、爆発などの危険は全くありません。

メンテナンスが簡単

シンプル設計によりメンテナンスが容易です。

年に1〜2回バーナー駆動部等の点検、缶体水の薬品処理だけです。

ペレットボイラー

↑ページのトップへ